住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】

フラット35シミュレーション!金利・諸費用いくら?【お得な銀行!】

イメージ

フラット35シュミレーション

フラット35の借入を行う前に必ずやってほしいのが借入シミュレーション。シミュレーションを行えば、簡単に毎月の返済額や借入可能額を計算する事が出来ます。

 

また、シミュレーションはシステムが出来上がっているので、より具体的に数値が出るのも良い点です。

 

シミュレーターを使わずに自分で計算しようと思えば出来ますが、諸費用の計算を忘れたり、ボーナス払いを計算しなかったりという事が考えられるので、ローン返済の計算はシミュレーションを行ってする様にしましょう。

 

シミュレーションはフラット35のホームページで行う事が出来ます。http://www.flat35.com/simulation/

 

シミュレーションのパターンはいくつかあり、借入希望金額から返済額を計算したり、毎月の返済額から借入可能金額を計算したりできます。その他、年収から借入可能額を計算できたりもします。この様に、色々なパターンでシミュレーションを行う事が出来るので、上手にシミュレーションをしていけば無理のない返済計画を立てる事が出来るでしょう。

 

自分の今の年収でいったいいくらまで借りることができるのか上限を知ったり、無理なく返済できる金額を決めていくらまで借り入れることができるのかということを調べることも簡単にできるのがフラット35公式サイトのシミュレーションのメリットです。

 

また金利差によって毎月の返済額や、返済総額がいくらくらいになるのかといったことも知ることができます。

 

フラット35に限らずローンにおいては、無理のない返済計画を立てることが基本です。今の月収であれば毎月の支払いが苦しくない時でも、長期間返済していくものですから、事故や病気、災害などこの先何があるか分かりません。なので、毎月の返済額はなるべく少なめに設定をして、繰上返済で残高を減らしていくのが安全だという考え方もあります。

 

フラット35の繰上返済は手数料は無料なのですが、最低金額が100万円以上となっています。シミュレーションと繰上返済を使って上手な返済計画を立てて欲しいと思います。

 

 

 

 
イメージ2

フラット35金利シミュレーション

フラット35は申し込みをする前、相談という段階で、各金融機関が実際の毎月支払い額がいくらになるのか。シミュレーションを行ってくれます。毎月の負担額が明らかになるので、現実感が湧くのと同時に、もっと負担を軽くする事ができないか?と考えるようになります。

 

そこから初めて比較を検討する。申し込みをする予定の金額を減らし、頭金を増やす。こういった選択肢が生まれやすくなってきます。

 

今からでもシミュレーションができる!

 

実際に店頭に行って、相談をしながらシミュレーションをしていくのが堅実的ですが、なかなか時間が取れないという方も少なくないかと思います。そこでおすすめしたいのが、ネットでできるフラット35のシミュレーションです。

 

このフラット35のシミュレーションは、上でも書きましたが住宅金融支援機構の公式HPから行う事ができます。別に個人情報を記載する必要はなく、シンプルに金利と返済期間、借り入れる金額を設定するだけで、誰でもシミュレートする事が可能になっています。

 

住宅金融支援機構だけではなく、各金融機関も独自のシミュレーションを可能にしている事が多いので、すでに何処の金融機関で利用する・・・というのがある程度決まっている方の場合は、こちらから算出していった方が、分かりやすいシミュレート結果を得やすいかと思います。

 

またフラット35は金利と諸費用が金融機関ごとに異なりますから、最終的に支払い総額がいくらになるのかなど、より具体的に知りたい場合にはしっかりとそれぞれの金融機関のシミュレーションをりようしてください。

 

シミュレーションをするコツとは?

最近のローンシミュレーションというのは非常によくできており、様々なパターンで検出できるようになっています。今回は住宅金融支援機構の2つのシミュレーションタイプをご紹介していきたいと思います。(公式HPはこちらhttp://www.flat35.com/simulation/)

 

 

借り入れ希望額から返済額を計算
最もオーソドックスなシミュレーションタイプ。

  1. 借り入れ希望額を記入
  2. 年数を指定(デフォルトでは35年に設定)
  3. 返済方法の設定
    ※ 元利均等と元金均等の二種類から選択が可能。
    ※ 元利均等=返済額が固定で、元金と利息を含んだ支払い金額になる。
    ※ 元金均等=元金が固定で、その上に利息が乗る。前半の支払いはきつい。
  4. ボーナス割合の設定
    ※ 毎月の支払いとは別に、半年(6ヶ月)毎に支払うパーセンテージを設定。0でもOK。
  5. 適用金利を記入
    ※ 金利がいくらになるのか分からない・・・という人のために、HPのリンクに一般的なフラット35における適用金利が記載されている。
    ※ 適用金利のほかに、手数料や団信も含めた計算をしたい場合は以下のサイトが便利。

 

 

毎月の返済額からシミュレートする

借り入れ金額ではなく、「毎月2万円までなら支払いができる」といった場合に、いくらまで融資ができるのか、といったおおよその金額を把握できるようになります。非常に便利。

 

  1. 毎月の支払い可能額を入力する
  2. 金利を設定
  3. 年数を指定
  4. 支払い方式を決める

 

例えば実際にシミュレートをした結果、毎月2万円の支払い額に設定した場合の融資可能額は、615万円となりました。(金利1.88%に設定。他はデフォルト)負担が少ない分、返済能力が低いと見なされた訳です。

 

次に同様の条件で、思い切って毎月の支払いを10万円に設定してみます。すると融資可能額は3,000万円を超えました。

 

あくまでもシミュレートでしかありませんので、審査の内容というのは条件次第で大きく内容が異なってきます。現状の希望支払い額だと、シミュレーションの範囲内が一般的な融資可能額である。

 

こうした判断がされる事になりますので、一つの大きな指針にはなっているのです。

 

 

 

今いちばんおすすめの住宅ローンは?

イメージ
spec-sinsei
ao01
もうしこみ


住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】 > フラット35 > フラット35シミュレーション!金利・諸費用いくら?【お得な銀行!】

関連記事

  1. 住宅ローン借り換えがお得になる条件とメリットとは?【シュミレーション】
  2. 住宅ローン審査シュミレーション!通らない理由は?【基準を比較!】
  3. 住宅ローンの頭金相場はいくら?【シュミレーションで分析!】
  4. 住宅ローンシュミレーションで審査対策!【失敗を防ぐコツ!】
  5. 住宅ローン返済シュミレーション!【金利・繰上げ返済の計算は?】

トラックバックURL

http://www.jutakuloan-matome.com/%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%8835%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9f%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)