住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】

フラット35の選び方は?おすすめ銀行比較!【金利最安はどこ?】

フラット35は正しく比較して選ぶ!

053
年収や収入、購入する住宅の価格、返済期間によってフラット35住宅ローンの選び方は異なってきます。

 

 

いや「フラット35ではなく」「フラット」の選び方といった方が正しいでしょうか。

 

 

まず、選ぶ前の準備として自分の中の基準を明確にしましょう。

 

 

毎月の返済を少し増やしてもいいから、なるべく短い期間で返済をしたい、毎月の返済額を少なくして、長期間かけてゆっくり返したい、親と協力して親子リレー返済をしたいなど人それぞれだと思います。

 

 

あなたの希望に合ったフラット35や住宅ローンを選ぶのが良いですね。

 

 

フラット35を取り扱っている金融機関はたくさんありますが、その中で良いと言えるのはARUHI楽天銀行の2つだと思います。

 

 

金利や諸費用を比較して現実的に選ぶとなればこの2つの中のどちらかになるでしょう。

 

 

ARUHIと楽天銀行については、別項で詳しく述べているので、そちらを参考にして欲しいと思います。

 

 

大事な比較ポイントは事務手数料と繰上返済手数料と金利。

 

 

返済条件によっては手数料が安くなる楽天銀行の方がお得ですが、実店舗が全国に展開されているARUHIもおすすめです。

 

 

ネット銀行と実店舗もある住宅ローン専門金融機関どちらも異なるメリットを持っているので、比較して選ぶのは難しいので、両方のローンで返済シミュレーションを行って、お得な会社を選ぶのが良いでしょう。

 

 

比較で大切なのは借入後の返済金額だけでなく、最終的な返済金額。

 

 

毎月の返済額は自分である程度変えられるので、その他の部分にあたる事務手数料や諸経費の比較を忘れずに行ってシミュレーションをしましょう。

 

 

手数料を含め諸費用もできるだけ具体的に合わせて返済総額がいくらになるのかをしっかりと比較して決めましょう。

 

 

そうすれば、無理せずお得に借りられる住宅ローンが見つかると思います。

 

 

 

 

 

フラット20・フラット50とは?

047
フラットプランにはフラット35、フラット35Sの他にフラット20とフラット50といったものがあります。

 

 

35とかsとか20とか…頭が混乱しそうですが、基本的には返済する期間で分かれます。

 

 

分かりやすく説明していくので、ローン選択時の役に立てて欲しいと思います。

 

 

まず、フラット20ですが、これはフラット35よりも金利が低くお得になるプラン。「金利が安いのがフラット20」と覚えておきましょう。ただ、20が付いている通り、返済期間が20年以下となっています。

 

 

フラット35は最長35年間組む事が出来たので、返済期間が一番の違いとなってきます。返済期間を長く取れるということがフラット35のメリットでもあるのでこの点はシュミレーションでしっかりと計算する必要があります。

 

 

また、フラット20は申し込みが出来ません。「それってどういう事?」と思いますよね。

 

 

実は、フラット35の契約時に20か35かは自動で選ばれる様になっています。返済期間が20年を下回ると自動で20が適用されるので特別な手続きは必要ありません。

 

 

次にフラット50。フラット50は最大50年間の返済期間で住宅ローンが借りられるプランです。

 

 

また、フラット50は借り入れ対象となる住宅を売却する際に住宅購入者へローンを引き継ぐことができるという特徴があります。これにより金利が上昇中の場合でも低いままの金利で住宅ローンを借りられるというメリットが生まれます。

 

 

フラット35では返済期間が15~35年でしたが、フラット50は36~50年で返済プランを立てる事が出来ます。

 

 

フラット35では、申し込み日の年齢が満70歳未満となっていましたが、フラット50では、申し込み日の年齢が満44歳未満となっています。

 

 

50年で返済するのに、申し込み日の年齢が70歳というのはちょっと…という事でこの様に変更が行われています。

 

 

ただ、フラット35同様に親子リレー返済を行う場合は、上記条件を満たしていなくても大丈夫です。

 

 

また、フラット35では住宅購入価格の100%以内の借入が出来ましたが、フラット50では60%となっています。

 

 

つまり頭金をフラット35よりも多く用意しなければいけないということになります。

 

 

よって、フラット50で住宅を購入する時は、自力で価格の4割を用意しなければいけないのですが、残りの4割をフラット35で借りることも出来るので、フラット35と50を組み合わせれば上手な返済が可能となると思います。

 

 

 

 

 

フラット35借入れの条件は?

044
長期ローンでも低金利で借入できるフラット35。

 

 

固定金利型なので返済途中に金利が上がる必要もなく、返済計画に遅れが生じる心配もない優れたローンですが、フラット35は誰でも申し込む事が出来るのでしょうか。

 

 

「はい、誰でも借入できますよ」と言いたいところですが、ローンである以上厳しい申し込み基準があります。

 

 

相手にとってみれば、貸したお金を返してもらう必要があるので、借入の条件を設けるのは自然な事ですよね。

 

 

フラット35を借りる為の条件についてお話をしたいと思います。まず、年齢的な部分ですが申し込み時の年齢が満70歳未満である事とされています。

 

 

ただし、親子リレーで返済する時は満70歳以上でも可能となっています。親子リレーとは言葉通り、親子で返済をしていく方法です。

 

 

あと、日本国籍の方限定となっています。ただし、永住許可を受けている方は借入が可能です。

 

 

次の条件が一番難しいのですが年収が査定されます。

 

 

この年収を重視するので、年収が低い方は希望金額の借入が出来ない事もあるので覚えておきましょう。

 

 

まず、年収400万円未満の時ですが、この場合、フラット35を含む借入金額が30%以下となっています。含むというのはキャッシングやクレジット、自動車ローンの返済額も含みます。

 

 

金融機関からの借り入れなど第三者からの借入が全て含まれるのですが合計額が年収の30%となっています。

 

 

つまり、年収が400万円の時は合計借入金額が120万円以下になる事が条件。この金額が120万円を上回ってしまうと借入を申し込む事が出来ません。

 

 

年収が400万円以上の時は基準合計金額が35%となります。

 

 

年収は借入年ではなく前年度のものが適用されます。今年借入をするのであれば、去年1年間の年収が基準になるので、借入を考えている方は、借入のタイミングに気を付けて下さいね。

 

 

 

 

 

今いちばんおすすめの住宅ローンは?

イメージ
spec-sinsei
ao01
もうしこみ


住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】 > フラット35 > フラット35の選び方は?おすすめ銀行比較!【金利最安はどこ?】

関連記事

  1. フラット35の保証料・団信生命保険料・火災保険料は?【諸費用いくら?】
  2. フラット35借り換えの流れと手順は?【申し込み、審査の注意点!】
  3. フラット35からフラット35へ借り換えできる?【最低金利更新】
  4. フラット35の審査はどう?借入れの条件!【審査基準ゆるい?】
  5. フラット35の金利比較の方法は?損しないコツ!【おすすめ銀行】
  6. フラット35のメリット・デメリットは?【長期固定で低金利!】
  7. フラット35シミュレーション!金利・諸費用いくら?【お得な銀行!】
  8. 2016年1月最新のフラット35金利推移は?
  9. フラット35とは?最安金利を更新中!【長期固定金利のイチオシ!】

トラックバックURL

http://www.jutakuloan-matome.com/%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%8835%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)