住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】

住宅ローン審査基準が甘いのは?銀行別比較【フラット35はどう?】

118

フラット35の審査基準は?借りやすいって本当?

庶民の味方「フラット35」
以前は「住宅金融公庫」として、わたしたちに住宅購入資金の貸し付けを行っていた住宅金融支援機構ですが、現在は民間銀行や金融機関と提携して、長期固定金利型住宅ローン「フラット35」を提供しています。

 

 

フラット35のメリットは、銀行や信用金庫に直接住宅ローンを申し込む時と違って、高額になる保証会社への保証料は不要になり、団体信用生命保険への加入は任意になっていることです。ただし、ほとんどの住宅ローン申し込み者は、団体信用生命保険に加入しています。

 

 

金利は長期間の固定タイプなので、経済の変動の影響を受けませんので、返済プランが立てやすくなっています。

 

 

また、住宅ローン返済中に経済的余裕ができた場合、ローンを多めに返せる「繰り上げ返済」にかかる費用も無料になっています。

 

 

その他にも、融資可能額が最高で8,000万円になっていたり、頭金は住宅購入価格の10%あればよいなど、庶民の心強い味方になっています。

 

 

そしてなんといっても長期固定金利なのに非常に金利が低く抑えられているのがフラット35の特徴です。これにより、現在フラット35を借りたいという方が非常に増えています。
サービスの多様化で、フラット35より有利な商品も!

ここ数年、インターネット専用銀行が増えてきて、金利や諸費用がフラット35より安い金融機関も出てきました。また、一般の銀行の中にも、都市銀行よりサービスが厚い金融機関も増えています。

 

 

たとえば、都市銀行でも地方銀行でもない「新生銀行」の住宅ローンサービスは、高額になる保証料、団体信用生命保険料が無料になるなど大きなメリットがあります。もちろん、金利も固定金利であっても比較的安く設定されていて、フラット35以上のサービス内容となっています。

 

 

このサイトでも、新生銀行のサービス内容は解説していますし、新生銀行へのリンクもあるので、ぜひ、その驚きのサービス内容を確認してみてください!他行で住宅ローン落ちた人にも、おススメの銀行です!

 

 

フラット35の審査基準は?

フラット35の利用条件、審査基準を見てみるとさまざまな点が一般の住宅ローンと異なっていることがわかります。

 

 

  • 申込時の年齢が満70歳未満の方
  • 日本国籍の方、永住許可を受けている方または特別永住者の方
  • 年収に占めるすべての借入れの年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が、次の基準を満たしている方
  • 年収400万円未満は30%以下
  • 年収400万円以上は35%以下
  •  年収については、原則として、お申込年度の前年の収入を証する公的証明書に記載された金額

 

 

すぐにわかるのが年収についての基準が異なっていること、年収に対する借り入れ金額の割合で決まるという点です。

 

 

また、借り入れ可能額についても現在は100%借りることも可能なため、必ずしも頭金が必要ではありません。しかし、頭金を用意している場合と全額を借りる場合では金利が変わる金融機関がほとんどです。

 

 

また、フラット35では借り入れの対象となる住宅の基準も決まっています。住宅の基準をしっかりと満たさなければ借り入れできない点にも注意が必要となります。

 

 

 

 

 

 
117

住信SBIネット銀行の審査はどうなの?

ネットだからカンタン?ネット専用銀行の代表格!

住信SBIネット銀行は、インターネット専用銀行の中で、もっとも勢いのある銀行です。その理由は、店舗を持つことで発生する経費を、顧客サービスに還元できる強みを生かして、金利や諸費用などのサービスを徹底しているからです。

 

 

金利に関しては、2016年6月時点でも最低水準の低さを誇っていて、都市銀行はもちろんのこと、他のインターネット銀行と比較しても非常に有利に借り入れすることが可能です。この金利は変動金利での比較ですが、今のように低金利時代が続けば、予定より支払い利息はかなり抑えられます。

 

 

また、住信SBIネット銀行では、保証料と団体信用生命保険という、重くのしかかる諸費用が銀行負担で無料になっているほか、高血圧症や糖尿病などの8疾病に罹り、仕事ができない状態になったら、住宅ローン支払いが免除されるなど、住宅ローンを組んだ後の安心感が高いです。

 

 

ほかにも、震度6以上の大地震が発生した時の見舞金や、交通事故に遭った時のローン支払い補償など、サポートが非常に充実しています。

 

 

申し込み対象者に派遣や契約社員が含まれる!!

一般の金融機関では、雇用状態や継続した安定収入が不安定な派遣社員や契約社員の方は、住宅ローンの申し込みができなくなっています。どんなに年収が高くても、住宅ローン落ちた人がほとんどです。

 

 

しかし、住信SBIネット銀行の場合は、継続した安定した収入があると判断されれば、派遣や契約社員の方でも住宅ローンに申し込めます。申し込みができるといっても、審査のハードルは高くなると予想されますが、頭金を多めに用意したり、他社からの借り入れ額を0にすれば、審査に通る可能性は高まってきます!

 

 

ネット銀行の場合非常に借り入れの条件がよく、低金利ということで注目を集めています。しかしこのことは審査基準においては厳しくなる傾向にあるということにもなります。

 

 

高いサービスを提供するためにはしっかりとした運用をしなければいけません、さらにネット銀行の場合には地銀などとは異なり、基準をしっかりと満たしていることが厳密に要求されます。年収の基準が400万円からとなっていればそれを下回る場合は審査に通らないのです。こういった点についてもしっかりと確認しておくことが住宅ローン審査基準については必要になります。

 

 

 

 

 

今いちばんおすすめの住宅ローンは?

イメージ
spec-sinsei
ao01
もうしこみ


住宅ローン苦しい?【金利や審査・借り換えのお悩みを私と解決】 > 銀行比較 > 住宅ローン審査基準が甘いのは?銀行別比較【フラット35はどう?】

関連記事

  1. 住宅ローン借り換え審査に通らない?【審査基準甘い銀行とは?】
  2. フラット35の審査はどう?借入れの条件!【審査基準ゆるい?】
  3. 住宅ローン審査シュミレーション!通らない理由は?【基準を比較!】
  4. 住信SBIネット銀行住宅ローンは審査通りやすい?【シミュレーション!】
  5. 新生銀行は住宅ローン審査が通りやすい?【借り換え審査基準は?】
  6. 住宅ローン審査に通りやすい銀行ってある?【審査基準をチェック】
  7. 住宅ローン審査が通らない理由とは?【基準甘い銀行ある?】
  8. 住宅ローン審査は借金で落ちる?借入れの影響!【審査基準は?】
  9. 住宅ローン審査落ちた理由は?【審査基準を通る条件!】
  10. 住宅ローン審査の流れは?保証会社の審査!【落ちたときは?】

トラックバックURL

http://www.jutakuloan-matome.com/%e9%8a%80%e8%a1%8c%e5%88%a5%e5%af%a9%e6%9f%bb%e5%9f%ba%e6%ba%96/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)